企業情報About us

ご挨拶

継続

代表取締役社長 竹平勝一
代表取締役社長 竹平勝一

 1997年2月に計測機器メーカーから独立し、起業しました。
それまで汎用の検査が主流でしたが、弊社はオーダーメイド検査システムの開発・販売を行ってきました。
2001年8月より、EMS(エレクトロニクス・マニュファクチャリング・サービス)事業も展開し、名古屋・静岡に各々、自社工場を構える事が出来ました。

「継続企業の前提」

「調達」・「投資」・「回収」を常日頃から念頭に置き、毎朝、全拠点出席にて、昨日の出来事や今日の予定を発表するなど、少しでも早く、お客様の要望を取り入れ実現する事を考えながら、四半世紀という歳月が経過しておりました。
そして2022年7月には、第三の事業として「基板組立事業」用に静岡第二工場を竣工致します。

 これからも地道に確実な仕事をしていれば、「道は開ける」と信じ、「社会に対し」、「お客様に対し」、「従業員に対し」、テスミックは変わらず「継続」してまいります。

沿革

1997年創業から現在に至るまで
テスミックの歴史のご紹介です。

沿革

年月 資本金 内容
1997年2月 1,000万円 株式会社テスミック設立
携帯電話用検査システムの開発販売開始
1998年4月 4,000万円 新たな検査システムT-EXCELの開発を始める
1999年9月 12,000万円 現本社取得(名古屋市守山区天子田4丁目601番地)
[土地:1,341.82m2/建物:832.40m2]
2001年8月 48,180万円 ベンチャーキャピタル数社からの出資によりEMS事業開始
検査機ユーザーも増え約200社となったため、EMS事業への展開がスタート
EMS事業本部取得(名古屋市守山区天子田4丁目701番地)
土地:563.80m2/建物:687.46m2
Pbフリーラインを設備した
T-EXCEL完成(愛知県創造法 認定)
2005年9月 静岡工場開設(EMS事業拡大のため)
大手電機メーカーの仕事量増大の為、静岡市葵区に工場開設
2015年5月 1億円 愛知県名古屋市を起点に、プリント基板用検査システムをベースに
EMS事業の展開をはかり、国内5拠点・3工場が稼働
2016年10月 本社1FをEMSディスクリート部品実装工場に変更
2016年12月 新静岡工場土地購入[土地:1,8844.45m2]
2017年4月 静岡県・静岡市による企業立地助成金8,200万円交付により、
新静岡工場着工
鉄骨構造地上3階建、延床面積[土地:3,254m2]
2017年11月 新静岡工場竣工
新静岡工場へ新規SMTライン(YAMAHA)を導入
SPI(クリームハンダ印刷画像検査機)を導入

No1 ライン

2018年2月 新規SMTライン(YAMAHA)導入

No2 ライン

2019年2月 新規SMTライン(YAMAHA)導入

No3 ライン

2020年6月 新規SMTライン(YAMAHA)導入

No4 ライン

2021年5月 新規SMTライン(YAMAHA)導入

No5 ライン

2021年9月 国の補助金6,000万円交付に伴い、
静岡第二工場土地購入(842,00㎡)

組立事業用

事業部一覧


ページトップへ